2016年

3月

03日

Netduino 2 Arduino UNO R3 学習向け多機能拡張シールド 解説書PDF

※注意

本体のLEDとボタンの対応がシールドとは異なりますので注意してください。正論理/負論理

SW-OFF ==> H
SW-ON ==> L

L ==> LED-ON
H ==> LED-OFF

Multi-function shield for Arduino UNO R3

ソース公開:Hackatronics - Using Arduino Multi-function

解説書目次
Hackatronicsの紹介 - 楽しいのコーディング..
多機能シールドライブラリをインストール
これについての詳細series
パート1のベーシックインプット/ Output. 5
シールドのを使用して、 beeper
シールド上のボタンの押下を検出
シールドの桁への書き込みdisplay
シールドのLEDを制御しますlights
シールドのポテンショメータの値を読み取ります
パート2リーディングSensors
集計pulses
LM35センサを用いて温度を読みます
HC SR04ソナーを使用して、 module
MPU6050モーションセンサーからデータを取得
第3実世界Applications
カウントダウンtimer
24時間アラームClock
ハートmonitor
表面の傾斜indicator
ソナーranger
Speedometer
Appendices
多機能シールド図書館
MPU6050 Help

Funduino UNO R3 :
説明:
•今主要なコントローラ(2009 UNO LENARDO2560)などとシームレス接続可能 
•4つのLED指示ランプがある(LED指示ランプが非常に重要的なものです。実際プロジェクトをやる時、指示ランプがあれば、プログラム進行ステータスが分かり、プログラム調整に便利です) 
•3296精密調整可能な電位差計、アナログポート入力 (LED照度、サーボ角度を変える、デジタル電圧のコントロールに使えます) 
•4桁デジタルチューブは実験の温度、電圧、数値などを表示できます。(74HC595ドライブを使う) 
•3つの独立ボタンと一つリセットボタンはボタン試験をやることが出来ます。( HMI ) 
•ブザーは音声試験をやることが出来ます。(警告、発音など) 
•ブルートゥース、ワイヤレスポート、音声モジュール、音声識別モジュールを使い、ワイヤレス通信試験をやることが出来ます。 
•サーボのインターフェースはサーボの駆動に使えます。 
•赤外線センサーインターフェースは赤外線とのドッキングで、人間数量の統計試験などに使えます。 
•DS18B20温度センサーポートがあれば、温度テスト実験をやることが出来ます。しかし、この商品はDS18B20を含まない、必要な場合は別途購入してください。 
•LM35温度センサーポートがあれば、温度テスト実験をやることが出来ます。しかし、この商品はLM35を含まない、必要な場合は別途購入してください。

 

目 次