2016年

3月

03日

Netduino 2 オンボードLEDのボタン動作3 [ isButtonOn = button.Read();]

Netduino 2 (Visual Studio 2015 C#) のオンボードLED点灯の動作検証をしています。

 

Visual Studio 2015 C# のソース記述

LEDOn

 

using System;
using System.Net;
using System.Net.Sockets;
using System.Threading;
using Microsoft.SPOT;
using Microsoft.SPOT.Hardware;
using SecretLabs.NETMF.Hardware;
using SecretLabs.NETMF.Hardware.Netduino;

namespace LEDOn
{
    public class Program
    {
        public static void Main()
        {
            // write your code here

            // 初期状態オフ(false)で、オンボードLED(Pins.ONBOARD_LED)用の変数ledを宣言。
            var led = new OutputPort(Pins.ONBOARD_LED, false);
            
            // 初期状態オフ(false)、通常スイッチ(ResistorMode.Disabled)で、

            // オンボードプッシュスイッチ入力(Pins.ONBOARD_BTN)用の変数buttonを宣言。
            var button = new InputPort(Pins.ONBOARD_BTN, false, Port.ResistorMode.Disabled);

            var isButtonOn = false;

            // ボードの電源が切られるまで実行し続けるために無限ループを定義。
            while (true)
            {
                // オンボードプッシュスイッチの状態を変数isButtonOnに退避。
                isButtonOn = button.Read();
                // オンボードプッシュスイッチの状態がオンであればオンボードLEDをオン、

                // オフならオフに設定。
                led.Write(isButtonOn);
            }
        }
    }
}

 

目 次