2015年

7月

14日

Swift 乱数を発生させる arc4random関数

乱数を発生させる
Objective-Cで乱数を発生させるには「random」関数,もしくは「arc4random」関数を使用します。
「random」関数はそのまま実行すると実行するたびに同じパターンで擬似乱数を発生します。
実行するたびに異なるパターンで乱数を発生させるには「srand」関数を使用してシードを与える必要があります。
「arc4random」関数は「srand」関数を使用しなくても実行するたびに異なるパターンで乱数を発生させることができます。

 

Objective-Cの場合はこちら

ViewController.swift

import UIKit


class ViewController: UIViewController {


    override func viewDidLoad() {

        super.viewDidLoad()

        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.

    }


    override func didReceiveMemoryWarning() {

        super.didReceiveMemoryWarning()

        // Dispose of any resources that can be recreated.

    }


    // [TEST]ボタンを押した時 Min:6 max:1に変更した場合

    @IBAction func doTest(sender: UIButton) {

        // 乱数発生

        let ret = getRandomNumber(Min: 1, Max: 6)

        var str = NSString(format: "%.0f", ret)

        println("\(str)")

    }

    

    /*

    乱数を生成するメソッド.

    */

    func getRandomNumber(Min _Min : Float, Max _Max : Float)->Float {

        

        return ( Float(arc4random_uniform(UINT32_MAX)) / Float(UINT32_MAX) ) *

                                                                   (_Max - _Min) + _Min

    }

}

GitHub RandomSwift

  

目 次