2015年

6月

21日

Swift 文字列と数値の型変換

Swiftで文字列と数値の相互変換する方法を説明します。
・数値 --> 文字
・文字--> 数値

数値 --> 文字

let num:Int  = -1.23
let str:String  = num.description // "-1.23"

String(num)でも文字列化はできますが、少数やマイナス値にはエラーになるため、descriptionを利用します。

その他、数値の型の変換は型名()で変換可能です。

let num:Int = 123
float_t(num)   // 123.0
double_t(num)  // 123.0

文字--> 数値

 

let str:String = "123"
let intFromStr:Int   = Int(str)! + 1  // 124

  

目 次