2015年

6月

09日

Apple Watch デバイスサイズ取得 Swift

Apple Watch デバイスサイズの取得方法について調べてみました。

アップル·ウォッチは、2つのサイズ38mmと42mmがあります。それぞれのデバイスサイズに応じたロジックを記述する必要があります。Apple Watch デバイスのサイズを確認するには、2つの方法しかありません。


WKInterfaceDevice currentDeviceのpreferredContentSizeCategoryからカテゴリーを取得。
WKInterfaceDevice currentDeviceのscreenBoundsからサイズを取得。
これでデバイスサイズに応じた画像をセレクト表示出来ます。

    // Apple Watch デバイスサイズ取得
    func logSizeCategory() {

        let currentDevice01 = WKInterfaceDevice.currentDevice()
        let bounds = currentDevice01.screenBounds

        // 38mm: (0.0, 0.0, 136.0, 170.0)
        // 42mm: (0.0, 0.0, 156.0, 195.0)
        
        // WKInterfaceDevice Size
        if bounds.width > 136.0 {
            println("42mm big watch")
        } else {
            println("38mm small watch")
        }

        // WKInterfaceDevice Category
        let currentDevice02 = WKInterfaceDevice.currentDevice()
        let sizeCategory = currentDevice02.preferredContentSizeCategory

        if sizeCategory == "UICTContentSizeCategoryL" {
            println("This is the big watch")
        }

        if sizeCategory == "UICTContentSizeCategoryS" {
            println("This is the small watch")
        }
    }

  

目 次