2015年

4月

28日

Apple Watch Glance(グランス)手動での作成

Apple Watch 手動でGlance作成

すでにプロジェクトにWatch Appのターゲットにある場合はこの手順でGlanceを作成していきます。


Glance用のClassを作成します。

Watch Appのグループを右クリック> New File… をクリックします。


Cococa Touch Classを選択してNext 


Class: 適当なクラス名(GlanceController)、Subclass of:WKInterfaceControllerにしてNext


GlanceControllerがWatchKit Extensionに作成されます。


Storyboard上にGlance Interface Controllerが存在していない状態です。


StoryboardにGlance Interface Controllerを追加します。


Storyboard上のGlance Interface ControllerとGlanceControllerクラスのファイルを紐付け

Custom Class の ClassのプルダウンからGlanceControllerを選択します。


Glance起動用のSchemeを作成
簡単にGlanceを起動できるようにするために、Schemeを作成します。

Product > Scheme > Edit Scheme… >を選択します。


Duplicate SchemeボタンでSchemeを複製


“Copy of プロジェクト名"が表示されています。


“Glanceプロジェクト名"に変更します


Runを選択しWatch Interface を変更します。


Watch Interface のプルダウンからGlance を選択しCloseします。

これでGlanceの設定は完了しました。


この状態でシミレーションでビルド実行し確認します。
Glance(グランス)が真っ黒な状態ですがクリックするとWatch Appが表示されます。

これでGlance(グランス)が設定されて動作しているのが確認出来ました。

それでは、Glance(グランス)に文字と画像が表示されるように設定していきます。


Interface.storyboard上のGlance(ぱっと見る)について見ていきます。

Glance用の画面の方には、二つのGroupが予め設定されており、このGroup内に収まるようにUIを配置していきます。Groupeよりはみ出して配置をすることはできません。

Glance Interface Controller には、Upper(上部)とLower(下部)と表記されています。

 

Glance Interface Controller Upper(上部) のグループをクリックするとUpper(上部)上に設定する複数の選択できるレイアウトが表示されます。

今回は、LabelとGroup付きのレイアウトを選択します。

 

Upper(上部)が選択したレイアウトに変更されます。


Glance Interface Controller Lower(下部) のグループをクリックします。Upper(上部)と同じようにLower(下部)上に設定する複数の選択できるレイアウトが表示されます。

今回は、1つのGroupレイアウトを選択します。


Glance Interface Controller Upper(上部)Lower(下部) のレイアウトが完成しました。

Upper(上部)には、文字とLower(下部)には画像を設定していきます。


その前にGlance Interface Controller Lower(下部)に設定する画像を用意します。

WatchKit Appの Images.xcassetsにLower(下部)に貼り付ける画像をドラックします。

Apple Watch内に保持されて表示されると思います。


※注意

WatchKit AppのImages.xcassetsでないと画像は表示されませんので注意してください。


Upper(上部)の文字の設定を行います。

Label Text に「花火一覧」を入力します。


Labelの下のGroupにはLabelを配置します。


Groupに配置したLabelに「Watch notepad」と入力します。


Glance Interface Controller Lower(下部)Groupの設定を行います。

 Lower(下部)Groupには画像を貼り付けますのでBackgroundから保存している花火の画像(WatchKit AppのImages.xcassets)「img01」をプルダウン選択します。ModeをプルダウンメニューからAspect Fitを選択します。

Aspect Fit:画像のaspect比を維持し、ちょうどはいるようにします。


これで、Glance(グランス)の設定は完了です。


それでは、実際にシミレーションで確認してみましょう。

Glance - WatchKitGlanceObj WatchKit App を選択しiPhoneを選択しビルド実行します。


ビルド実行したシミレーションです。

チラッと見る機能 Glance(グランス)がこのように表示されます。

※注意
Glanceの画面ではユーザーは操作をすることができないと書きましたが、GlanceのstoryboardにButtonやSwitchを配置してビルドをすると、ビルドエラーとなります。
Glanceで許可される操作は
・Glance画面でタップ→WatchAppへ遷移
・Glance画面で横にスワイプ→別のアプリのGlanceに切り替え
の2つのみのようです。

 

GitHub WatchKitGlanceObj

  

目 次