2015年

3月

04日

Cocos2d-x Ver 3.x スプライトの表示/非表示の設定と取得

setVisible、isVisibleを使用します。
スプライトの表示/非表示を設定、もしくは取得します。 

表示/非表示の設定(setVisible)
表示/非表示の取得(isVisible)



表示/非表示の設定(setVisible)

スプライトの表示/非表示を切り替えます。
trueで表示、falseで非表示です。

//スプライトを作成
Size visibleSize = Director::getInstance()->getVisibleSize();
auto sprite = Sprite::create("1.png");
sprite->setPosition(Vec2(visibleSize.width/2, visibleSize.height/2));
addChild(sprite);
 
//spriteを非表示に
sprite->setVisible(false)



表示/非表示の取得(isVisible)

スプライトが表示されているかどうか調べます。

if(sprite->isVisible()){
    log("表示されてます");
}else{
    log("非表示です");
}
;


▫️参考にしたページ

Cocos2d-x v3:表示/非表示の設定と取得