2015年

2月

15日

Cocos2d-x Ver 3.x 初回起動時のシーンきりかえ。

初回起動時に、名前などの入力画面を出力し、名前を入力してもらう。
初回に名前を入力してもらったら、次回以降は入力画面は表示しない。

Userdefultを使い「AppDelegate.cpp AppDelegate::applicationDidFinishLaunching()」にSwitch判定を使う。


AppDelegate.cpp


bool AppDelegate::applicationDidFinishLaunching() {

    auto director = Director::getInstance();
    UserDefault* user = cocos2d::UserDefault::getInstance();
    bool boolValue = user->getBoolForKey("boolKey", false);
    if (boolValue) {
        // Top画面
        auto scene = TopScene::createScene();
        director->runWithScene(scene);
    }else{
        // 名前入力画面
        auto scene = GetSettingName::createScene();
        director->runWithScene(scene);
    }
}


名前の入力が完了したら初回起動フラグ(Userdefult true)を更新

GetSettingName.cpp

 メッソドの中にUserdefult trueを設定記述しておく

   UserDefault* user = cocos2d::UserDefault::getInstance();
    user->setBoolForKey("boolKey", true);
    user->flush();


アクセスカウンター 活性酸素 アクセスカウンター