2015年

1月

14日

SpriteBuilderの画面について

 

 

 iPhone・AndroidアプリをObjective-C言語で作る

SpriteBuilderの画面について

⚪️SpriteBuilderの画面構成を知りましょう。


SpriteBuilderとは?


SpriteBuilderは、iPhoneゲームアプリを作るための開発ツールです。
「アプリ画面のデザイン」「プログラムの入力」「実行ファイルの作成」など、アプリを作るのに必要な作業の全てを行います。
まず、SpriteBuilderの画面について解説しましょう。

 

基本画面の説明

 

SpriteBuilderは、5つのエリアに分かれています。

  1. ツールバー:右に左とビューのトグルボタンで[発行]ボタンが含まれています。追加のツールアイコンは、時間をかけて追加される。ツールバーの下には、現在開いてSpriteBuilder文書用のタブがあります。
  2. リソースブラウザは:左から右に、複数のタブをホスト:[表示/プレビューファイルTilelessエディタビューノードライブラリビュー警告表示]を
  3. ステージ:SpriteBuilder文書用のビジュアルエディタ。選択したノードを配置し、その結果を参照してください。
  4. タイムライン:右側のノードのアニメーションのための左のキーフレーム上のドキュメントのノードツリーを表示します。
  5. インスペクタ:あなたが選択したノードのプロパティを編集することができます4つのタブが提供します。左から右へ:プロパティコードの接続物理学テンプレート