2015年

1月

11日

SpriteBuilder Cocos2d-Swift Androidの開発

 

 iPhone・AndroidアプリをObjective-C言語で作る


Androidの開発

SpriteBuilderアンドロイドプラグイン - スターター

 

 SpriteBuilderとCocos2Dは、Androidデバイス上でObjective-Cのアプリケーションを展開するために使用することができます。提供するクロスコンパイル技術ApportableはJavaやC ++のコードを記述することなく、ネイティブスピードでのAndroidデバイス上でiOSアプリを実行することができます。

SpriteBuilder Androidのプラグインのマニュアル詳細 

SpriteBuilder Androidのプラグインを使用すると、Androidデバイス上でSpriteBuilderアプリを公開し、実行することができます。Cocos2Dの完全な機能は、iOSとAndroidの両プラットフォーム上であなたのために利用可能です。

現在、プラグインは、ネイティブのAndroidマシンコード命令(ARMおよびx86)をObjective-Cのコードにコンパイルできサポートをしています。

Objective-C → AndroidコンパイルOK(SpriteBuilder 1.4.0にて可能)

Swift → Androidコンパイルは開発中

注: Android用Swiftのサポートは開発中です。


 フルスピードで実行するJavaで構築された同等のAndroidアプリよりも速く、さらに、全てのiOSとAndroidのAPIへのアクセスは可能でアプリケーションの構築方法を完全に制御できます。

 統一された外観を使用し両方のプラットフォームでどのように見えるか、また各プラットフォーム用にアプリをカスタマイズすることも出来ます。それはあなた次第です。

SpriteBuilder Androidのプラグインを使用しているXcodeの環境をCocos2D-Swift APIと組み合わせプログラミング言語をゲームに拡張することができます。

 

ダウンロード

 

入門
 必要条件
 インストール
 セットアップ開発者向けのオプション
 テスト展開
 技術サポート

 

簡単な移植例
 プル&iOS用のビルド
 アンドロイド用にビルド
 Androidのビルドの問題を修正

Androidのプラグインの機能
 Androidの固有のファイル/フォルダ
 Xcodeの統合
 オートコンプリートのAndroid API

クロスプラットフォームプログラミング
 アプリケーションのライフサイクル
 プラットフォームの検出
 デバッギング
 ロギング
 タッチの取り扱い
 オーディオを再生
 システムのダイアログ
 スプラッシュ画面

Androidアプリ開発
 Androidのビルド設定
 BridgeKitを使用すると、Javaクラスにアクセスする
 出版のAndroidアプリ
 Androidの機能の追加

トラブルシューティング
 既知の問題点
 トラブルシューティングのヒント
 既存SpriteBuilderプロジェクト
 SpriteBuilder Androidのプラグインのアンインストール


Androidプラグインはここからダウンロード出来ます。

SpriteBuilderアンドロイドプラグイン - スターター

※注意

このページは、AndroidプラグインドキュメントをGoogle Chromeにて翻訳したものを少し編集し直して掲載しています。編集内容が一致しないところもあるかと思いますのでご了承願います。